各話数登場ゲーム紹介

ALL

THE 功夫

THE 功夫

主人公はクンフーの達人となり“中国功夫”を脅かす“暗黒大帝”を打ち倒す。素晴らしい音楽をバックに障害物が飛び交う道中を進み、“デカキャラ”同士でボス戦を行うカンフーアクションゲーム。鍛え抜かれた主人公の身体は、槍で突かれても扇で叩かれてもダメージは同じだ。空を舞うウーロン茶は、そのシュールな姿を破壊することでパワーを回復できる。必殺技は己の体力と引き換えで発動する。失うことで大きな成果を出す必殺技だ。道中でダメージを抑え、ボス戦に備えるという緊張感ある攻略が楽い。

新ハード“PCエンジン”用ソフト第一弾として発表されたこのゲームは、テレビコマーシャルでも発売日の告知があったものの、実際にはそれより一ヵ月ほど発売が延長された。焦らされながらも結果として期待を裏切らない完成度となった本作は、むしろ既存のハードにはない“PCエンジン”のパワーの印象を深めた。アーケードゲームのようでありながら、ゲームセンターでは遊べないオリジナルゲームであることも嬉しく、80年代特有の“デカキャラ”という言葉がゲーム業界にあふれた。
(ゲーム解説:石黒憲一)

【英語タイトル】 China Warrior
【操作】 方向キー 2ボタン(1人用)
【発売年月】 1987年11月 (PC-Engine)

WiiU バーチャルコンソール版
https://www.konami.com/games/jp/ja/products/dl_wiiu_kungfu_vc/

ニンテンドー3DS バーチャルコンソール版
https://www.konami.com/games/jp/ja/products/dl_3ds_kungfu_vc/

ゲームアーカイブス版
https://www.konami.com/games/jp/ja/products/dl_pspps3vita_kungfu_arch/

©Konami Digital Entertainment

アークシステムワークス株式会社

株式会社カプコン

株式会社シティコネクション

株式会社ジー・モード

株式会社セガ・インタラクティブ

株式会社レッド・エンタテインメント

株式会社SNK

株式会社スパイク・チュンソフト

株式会社タイトー