各話数登場ゲーム紹介

ALL

奇々怪界

奇々怪界

“奇妙にして愛らしく、爽快にして悩めし、遊戯成り”。純和風のキャッチコピーで販売されたこのゲームの主人公“小夜ちゃん”は、御札や御払い棒を使用し、色々な妖怪(オバケ)を倒しながら囚われの“七福神”を救いに行く。

自力スクロール型のシューティングゲームであり、ボス戦における各種安全地帯の存在、スコアの桁調整で取得できる隠しアイテム、井戸ザコでの速攻パワーアップなど、可愛いだけじゃなく、ゲームマニアも唸らせる内容になっている。なによりタイトーサウンドチーム“ZUNTATA”出身のコンポーザー“OGR氏”によるキャッチャーかつ重厚なBGMが独自の世界観を確立した。
可愛らしい巫女さんがこれまた可愛らしい妖怪達と戦うこのゲームは当時とても人気が高く、稼働翌年の1987年には、ディスクシステム版の『奇々怪界 -怒濤編-』CMソングのアナログレコードも販売されたりと、メディアを超えた展開も見せた。
(ゲーム解説:石黒憲一)

【英語タイトル】 KiKi KaiKai
【操作】 8方向レバー 2ボタン(1~2人用)
【発売年月】 1986年(Arcade)

PS4 アーケードアーカイブス
https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP0571-CUSA03709_00-HAMPRDC000000001

©TAITO CORPORATION 1990 ALL RIGHTS RESERVED.
イラスト:TONG KING SHOW

アークシステムワークス株式会社

株式会社カプコン

株式会社シティコネクション

株式会社ジー・モード

株式会社セガ・インタラクティブ

株式会社レッド・エンタテインメント

株式会社SNK

株式会社スパイク・チュンソフト

株式会社タイトー